2021年06月

27

1.目元をやさしく保湿する

護理療程目の周りは皮膚が薄いので、アルコール、酸性の美白剤、収れん剤、抗炎症剤の入ったローションや高濃度の美容液など、刺激の強い製品は避けた方がよいでしょう。

まつげの根元に近い部分に製品をつけすぎると、その部分がよく吸収されず、余分なケア製品が油分と結合して、「針の目」のような腫れた小麦色の状態になってしまうので、注意してください。 メンテナンスに加えて、化粧品のクレンジングも行う必要がありますが、身體保養刺激の強い化粧品を使って落とすことはお勧めできません。

2.肌を若返らせるために、率先して日焼け対策を行う

25歳を過ぎた頃から、肌の状態は下降線を辿り始め、肌を守るための一番外側の環境である皮脂膜が徐々に崩壊し、肌細胞レベルでは内外からの攻撃、外部からの紫外線攻撃、内部の水分を介した多くの人材の喪失など、隠れた悩みが発生している状態です。肌膚護理細胞システムが社会的に不安定な時期に、紫外線による細胞への継続的なダメージを効果的に軽減することができれば、健康を促進する細胞が正常な業務を維持し、乾燥・脱水した肌が改善されるため、日焼け対策と保湿の両方に気を配ることが、30歳の女性の肌のメンテナンスの第一の課題目標となるのです。

日焼け対策は1年中しておくべきです。 オフィスで座っている時間が長い人は、サンプロテクションファクターが30の日焼け止めを選びましょう。 仕事が多い方は、SPF50の高いものを選んでください。 両方とも、紫外線から完全に保護するために、常に塗り直してください。

3.美容液と保湿液の両方を使う

美容液というと、誰もが「効率がいい」と思っているのではないでしょうか。 エッセンス製品のスキンケア成分の分析は、多くの場合、より軽く、より浸透し、より良く吸収されます。 しかし、文化的な美容液は、肌に栄養を与えることで効果を発揮する傾向があり、クリームのように肌の表面に保護膜を形成するものではありません。 クリームを使わずに美容液だけを塗っていると、すぐに肌が乾燥してしまいます。

4.オイルコントロール+保湿で健康な中性筋を育てる

しかし、洗顔のしすぎで皮脂膜が傷つくと、多くの水分や栄養分が失われ、健康な細胞が減り、ニキビが増えてしまいます。 オイルコントロール製品やニキビ用製品は局所的に使用することができますが、ヒアルロン酸などの保湿成分を含むスキンケア製品は、油分と水分のバランスを保つために顔全体に塗布する必要があることを覚えておいてください。 基本的なお手入れとしては、保湿効果の高い成分が配合された美容液のみを使用して、水分をしっかりと閉じ込めましょう。

乾季には、水分補給用のスプレーを持ち歩くのが一般的です。 水分補給スプレーには、水分補給に有効な成分が含まれていますが、スプレーした後に拭き取らないと、水分管理が継続的に上がることで蒸発してしまい、肌が乾燥したり濡れたりを繰り返す悪循環に陥ってしまいます そのため、30秒後にはスプレーを拭き取り、化粧水をつけることができればなお良いでしょう。

注目の記事:

効果のないスキンケアをしないためのポイントを学び、肌を良くしていきましょう!

マスクだけでなく、美肌を育てるための5つのスキンケアのポイント!

スキンケアの方法は、水分補給がとにかく重要です!

健康“五不忍” ,幫助你遠離疾病,保持年輕!

慢性肝硬変は、慢性活動性肝炎や長期にわたるアルコール摂取など、肝臓への長期的なダメージによる慢性進行性の肝臓疾患です。 肝硬変の原因は様々ですが、中国ではウイルス性肝炎が最も多いと言われていますHealth

肝硬変の原因はいくつかある

1.ウイルス性肝炎:

B型肝炎ウイルスもC型肝炎ウイルスも、肝炎後の肝硬変と呼ばれる肝硬変に発展することがあります。 肝細胞の壊死と線維化が起こった後、特に慢性活動性肝炎では、直接肝硬変を発症することがありますが、A型肝炎では通常、肝硬変は起こりません。

2.慢性的なアルコール依存症:

これは欧米では一般的で、アルコールによる肝硬変が半数以上を占めていますが、中国では珍しいことです。

3.感染:Infection:

新生児が梅毒にかかると肝硬変になることがあります。 マラリアが直接肝硬変の原因になるわけではなく、栄養失調やウイルス性肝炎、毒性因子などが原因となりますHealth

4.化学薬品や薬:

多くの化学物質や医薬品は、肝臓にダメージを与える可能性があります。 工業薬品に長期間または繰り返し暴露されると、中毒性または薬物誘発性の肝炎や慢性活動性肝炎を引き起こし、肝硬変に発展する可能性があります。

5.栄養失調:

5.栄養失調とは?

栄養不足、特にタンパク質、抗脂肪肝因子、ビタミンB群が不足すると、脂肪肝になり、肝細胞が壊死・変性して肝硬変に至ることがあります。

6.遺伝性・代謝性疾患:

遺伝性疾患や代謝性疾患から肝臓疾患が徐々に進行していくことを代謝性肝硬変といいます。

肝硬変の症状にはどのようなものがありますか?

1.消化器系の症状について。

胃の痛み、嘔吐、膨満感、下痢などは、肝機能障害、誤嚥、腸閉塞などのサインです。

2.皮膚の異常

①代表的なものは、黄疸、肝機能障害、ビリルビンを適時に摂取しなかった場合などです。

②蜘蛛の巣状の母斑。 母斑は真っ赤で、通常は1mm程度の大きさしかありませんが、母斑の中心部が脈打つことがあります。

③肝心の手相。 手のひらサイズの魚は赤いですが、この現象は妊婦さんや関節リウマチの患者さんにも起こるので、区別する必要がありますHealth

④色が濃く、光沢がない。 肝臓でのメラニンの代謝がうまくいかず、顔に色素沈着ができてしまうことがあります。

3.腹水

腹水が出てくると、肝硬変は最終段階に入ります。 このようにして、私たちは、自分たちの生活をより豊かにしていくことができるのです。

精選文章:

肝髒好的人,手上有這個五個標志,看看有沒有這五個標志

從炎症到癌症,可能很快就會發生。醫生:最好不要拖這四種炎症

身上長痣很正常,但是長這樣的痣要小心,肝髒出了問題

腦梗塞是拖出來的嗎?如果睡覺時有這三種情況,平時要多加注意

体内の異常、つまり肝障害の兆候として、無視できないものが3つあります

↑このページのトップヘ